「TOPIX(東証株価指数)」の指標としての特徴


日本の市場では、様々な指標が存在しています。

 
世の中で一番有名なものは日経平均株価だという人が多いと思われます。ただし、現在ではこれはあまり日本の市場全体を写すものではなくなってきたということもあります。日経平均は上位の225銘柄の数字であってあくまでも大企業中心のものとなります。さらにその中での上位3銘柄に対する影響度がかなり大きく一銘柄上げるだけで日経平均そのものの数字を100円以上押し上げたり押し下げたりすることもあります。

 
それに比べてTOPIXは、東証株価指数といわれ東証1部全体の時価総額を基準にでる指標となっています。今では日経平均よりもこちらの方が日本全体の相場のベンチマークとして使われることも多々あります。
さて、この東証株価指数の特徴は日経平均と比べるとあまり一企業の影響を受けないところに特徴があります。つまり市場全体のベンチマークとしては最適ともいえます。過去には、株の持ち合いなどで時価総額のダブルカウントがされてたりしましたが、この数年で徐々に改良されその問題も解決されました。

 
そして、現在ではこの東証株価指数を基準としたETFなども存在しています。つまり東証1部に新規上場した銘柄や新興市場銘柄が東証1部へくるときはこのETDに買われることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。