単元株制度とは


単元株制度とは、企業によって1株から1000株までの単位で売買する仕組みです。単元株としては100株単位や1000株単位の企業が多くなっています。100株や1000株を購入することで、株主としての議決権や株主優待の権利といったものが得られます。

 

単元株としては、100株単位よりも1000株単位の方が投資金額が高くなる傾向が出ています。1株あたりの株価が高いと、1000株単位では100万円を超えてしまうことも少なくないです。そのため、証券取引所では単元株を100株単位に順次合わせていくように推奨をしています。その結果、企業の中では1000株単位を100株単位に変更するところが増えてきています。

 

また、単元株の投資金額が多い企業は株式分割を行うことで、投資金額を引き下げようとする動きが出ています。1株を2株に分割することで、以前の半分の金額で株式を買うことが可能となります。今年からはNISAが始まったために、単元株で100万円以上になってしまう企業の株は個人投資家の購入対象にならないことが起こってきます。そこで、単元株で高額になってしまう企業では株式分割を行うことで、個人投資家に購入しやすい環境を提供するようにしています。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。