「日経平均株価」の計算方法


株に興味のある人であればだれもが知っているのが日経平均株価というものです。興味の無い人でも、普段のニュースで「今日の日経平均の終値は・・」というお決まりのフレーズを耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。日本の株の値動きの傾向を知る上で重要な指標として、今日重要なものになっています。同じものを225種平均、平均株価、と呼ぶこともあります。

 
この指標の計算方法はやや特殊です。普通平均値というのはすべてのものを足し合わせてものの数で割ると出てくる単純平均をイメージする場合がほとんどです。しかし株式は度々価値を半分にして数を二倍に増やすなどの株式分割を行うことがあります。そのような事をすると単純平均に大きく影響が出てしまうのが問題でした。日経平均はこのような特殊な変化を修正して株価に連続性が保たれるように設計されています。

 
実際の日経平均は東証1部上場銘柄のうち225種の銘柄の株価で計算されています。これは日本を代表する株価指数ではありますが、市場全体の趨勢を把握するには限界のある指標であることは理解しなければなりません。また、あくまでも平均ですので株価の高い銘柄の動きに影響されやすい特徴もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。