会社情報開示をする意義


株式上場している会社にとって、会社情報開示を行う意義とは一体何でしょうか。

 

 

ひとつには、法律上、開示義務が課せられているという理由から、行わざるを得ない情報開示があります。 決算、配当、株主総会の議決案、議決結果などです。 義務なので行う開示であり、むしろ開示出来なければ上場廃止となり得ます。

 

 

情報開示によって、自社株式の購入を促すという理由もあります。 特に、業績が上昇、安定している企業は積極的な情報開示によって株式購入促進効果が得られます。 知名度が低ければ、会社について世間に知ってもらうという意義もあります。

 

 

そして、業績悪化による株価暴落のショックを和らげるため、頻繁な情報開示を行うこともあります。 長期間、情報開示が無く、いきなり業績悪化の報が出れば、市場はパニックとなるでしょう。 頻繁に開示を行うことによって、業績の推移が見えるため、ショックに陥ることが起きにくくなります。

 

 

取引相手企業への情報開示という側面もあります。 競合企業に対する信頼性、優位性、安定性を評価してもらうため、将来顧客へのアピールのために情報開示を行うことは有効です。

 

 

積極的な情報開示企業は、市場などから表彰される機会も多く、露出がおおければ株価にとってもプラスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。